セイワの家づくり

お客様により安心して末永くお住まいいただくため、住まいがどのような行程で建てられていくのか、またどんな建材が使われて作られるのかなど、星和工務店がこれまで培ってきた確かな知識と経験をもとに、その作業過程をひとつひとつご紹介いたします。

ご相談・お打ち合わせ

まずはお客様のご希望や条件、ご家族のことやライフスタイル、土地のことから資金計画のことまで、満足して永く快適に過ごせる住まいにするため、たくさんのご意見・ご要望をお聞かせください。その上で、お客様に最適なプランをご提案させていただき、お客様が納得していただけるよう入念にお打ち合わせを行います。

解体工事

解体工事・地縄張り

住まいを建てる前に、まずは住宅用地を確保することから始まります。解体工事を行い更地の状態にして、住宅の建設に備えます。また、設計図どおりに建てられるように、建物のおおよその位置を確認するための縄を張ります。

更地・地縄張り

地盤改良工事

地盤改良工事

地盤調査・改良工事

不同沈下などの欠陥が発生しないかなど、家を支える地盤に問題がないか調査します。調査結果に基づいて地盤の補強や改良工事を行い、家を支えられる強固な地盤をつくり地耐力を補います。

改良杭

コンクリート杭の打設

地盤の支持層までコンクリートの杭を深く打ち込み、その上に基礎を作ることで建物を安定させることができます。

基礎掘削工事

防湿シート

防湿シートの敷き込み

床下の湿気は土中から発生(蒸発)してきます。その湿気を住宅に上がってこないようにするため、土壌表面に防湿シートを張ります。

捨てコンクリート

捨てコンクリート工事

住宅の外周(または内周)部分に、工事に必要な基準線を引き寸法を取る墨出しを行い、正確に施工するための補助的工事です。捨てコン自体には構造上の役割はありませんが、基礎工事の施工精度を上げる重要な工事です。

外枠組・配筋工事

基礎配筋工事

住宅の設計図にしたがって、基礎の骨組みを構成する鉄筋を配置していきます。配筋工事が終わると枠をつくり、そこへコンクリートを流し込みます。コンクリートを流し込んで基礎が完成します。

基礎完成

ページトップへ戻る